« 織田信成 スケートカナダ2013 総合3位 / 2013-2014 EX ラストサムライ  | トップページ | グレイシー・ゴールド GPSスケートカナダ 2013-2014 EX All That Jazz(映画「シカゴ」) »

2013/10/30

鈴木明子 GPSスケートカナダ 銀メダル「一つ一つできることをやっていきたい」/2013-2014 EX Love Dance From Kà(シルク・ドゥ・ソレイユ)

Akiko_suzuki_ex_2013_2014_love_danc
鈴木明子 Akiko Suzuki

2013-2014 エキシビション 『Love Dance From Kà (シルク・ドゥ・ソレイユ)』より
作曲 : René Dupéré
振付 : Kenji Miyamoto


Love Dance


2013/2014 ISUグランプリシリーズ第2戦 スケートカナダ(セントジョン)
ISU GP Skate Canada International 2013

女子シングルFSジャッジスコア
LADIES FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER

Ladies Result
FPl. Name Nation Points SP FS
1 Julia LIPNITSKAIA RUS 198.23 2 1
2 Akiko SUZUKI JPN 193.75 3 2
3 Gracie GOLD USA 186.65 1 3
4 Christina GAO USA 173.69 4 5
5 Amelie LACOSTE CAN 163.11 6 6
6 Courtney HICKS USA 162.00 9 4
7 Natalia POPOVA UKR 145.88 7 7
8 Veronik MALLET CAN 138.13 8 8
WD Kaetlyn OSMOND CAN 5 -


フィギュア 鈴木明子は2位
[NHK News 2013/10/27 5:33]

フィギュアスケート、グランプリシリーズの第2戦、カナダ大会は26日、女子シングル後半のフリーの演技が行われ、鈴木明子選手は前半から順位を1つ上げて2位でした。

28歳の鈴木選手は前半のショートプログラムで3位につけて26日のフリーに臨みました。
鈴木選手は冒頭の3回転ジャンプで着氷が乱れたほか、その後も2つのジャンプで回転不足と判定されるなど小さなミスが続きました。
しかしスピンやステップはすべて最高難度と認められたうえ、持ち味のスピードに乗ったスケーティング技術や表現力は高い評価を受けて、フリーでは2番目の得点となりました。
この結果、鈴木選手は2日間の合計で193.75をマークし、前半から順位を1つ上げて2位になりました。
優勝はロシアの15歳、ユリア・リプニツカヤ選手で198.23の得点でした。


鈴木が銀 観客総立ち!3年連続10歳以上若い選手に敗れるも断トツ演技力
[デイリースポーツ 2013/10/28 6:59]

「フィギュアGPシリーズ・スケートカナダ・第2日」(26日、セントジョン)

  女子はSP3位の鈴木明子(28)=邦和スポーツランド=がミスを引きずらない演技でフリー127・99点、計193・75点で2位。ユリア・リプニツカヤ(ロシア)が計198・23点で優勝した。男子は羽生結弦(18)=ANA=がフリー154・40点、計234・80で2位、織田信成(26)=関大大学院=がフリー152・18点、計233・00点で3位に入った。世界王者のパトリック・チャン(カナダ)が計262・03点で圧勝。無良崇人(22)=岡山国際スケートリンク=は計188・53点で10人中最下位に終わった。

  出だしのつまずきを忘れさせる演技に観客は総立ちとなった。鈴木が見せたのはミスを引きずらない強さ。4月の国別対抗で出した自己ベスト199・58点に次ぐ高得点を演出したのは、心の成長だった。

  「普段から終わったことはすぐに切り替えようとしてきたので、昨年と比べたら落ち着いた試合運びになった」

  冒頭の3連続ジャンプが単発になっても冷静だった。続くダブルアクセルを3連続に変更。その後も大崩れせずにまとめた。表現力を示す演技構成点はほぼ8点台が並んで断トツ。最後まで「オペラ座の怪人」の主人公になりきった。

  以前は違った。失敗を取り返そうと力が入りミスを重ねた。転機は今季直前の練習。コーチ陣に修正点を指摘された後、こう言われた。「1回目でできなくても気にしないでね」。妙にふに落ちた。「昨季はミスが怖かったけど、ミスした後が重要なんだと。怖がってもしょうがない」。意識が変わった瞬間だった。

  10年来の師弟関係を結ぶ長久保裕コーチとの関係にも変化が生じた。ミスの原因を探る際、これまでは「違う」と言われるのが嫌で黙っていた。それを改めた。「自分が正しいと思ったことを言った方がスッキリする」。考えをぶつけ合って理解してもらうことで、精神的なアドバイスもより受け入れやすくなった。

  3年連続の2位。いずれも10歳以上若いホープに敗れた。それでも28歳は胸を張った。「やれることをやろうと集中していたので、3回目の銀は過去2回とは違う」。ジャンプを決めればもっと点は出る。観客の反応で自信も得た。ソチ五輪に向け、収穫の多い銀メダルだった。


羽生、気持ちは前へ=鈴木「いい試合だった」―スケートカナダ
[時事通信 2013/10/28 9:00]

  【セントジョン(カナダ)時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダに出場した日本選手が27日、カナダ・セントジョンで取材に応じ、4回転ジャンプの失敗など、内容的に不本意だった男子2位の羽生結弦(ANA)は「ものすごく悔しいが、(気持ちは)前に向かっている」と奮起を誓った。
  表現面が高く評価された女子2位の鈴木明子(邦和スポーツランド)は「今の状態でできることができ、いい試合だった」と手応えを語った。男子3位の織田信成(関大大学院)は「3位は幸運。次のNHK杯は優勝しかない」と意気込んだ。
  エキシビションも行われ、羽生は2012年世界選手権で3位に入ったショートプログラムの曲で演じ、鈴木と織田も華麗な滑りを披露した。


フィギュア鈴木明子が帰国 スケートカナダで2位
[共同通信 2013/10/29 19:55]

  フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダで女子2位に入った鈴木明子が29日、中部国際空港に帰国し「評価も良かったし(GPシリーズの)初戦としてはまずまず」と笑顔で話した。

  移動による疲れや時差対策のため、試合の約1週間前に米国で調整してからカナダに入った。「距離もあったし良かったと思う。着いてから動かした時も体が軽かった」と話した。

  次戦は11月8日から行われるGPシリーズ第4戦のNHK杯となる。「一つ一つできることをやっていきたい」とさらなるレベルアップを誓った。















|

« 織田信成 スケートカナダ2013 総合3位 / 2013-2014 EX ラストサムライ  | トップページ | グレイシー・ゴールド GPSスケートカナダ 2013-2014 EX All That Jazz(映画「シカゴ」) »

2013/2014 ISUグランプリシリーズ」カテゴリの記事

NEWS : フィギュアスケート」カテゴリの記事

鈴木明子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1769585/53773837

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木明子 GPSスケートカナダ 銀メダル「一つ一つできることをやっていきたい」/2013-2014 EX Love Dance From Kà(シルク・ドゥ・ソレイユ):

« 織田信成 スケートカナダ2013 総合3位 / 2013-2014 EX ラストサムライ  | トップページ | グレイシー・ゴールド GPSスケートカナダ 2013-2014 EX All That Jazz(映画「シカゴ」) »