カテゴリー「鈴木明子」の記事

2016/07/25

鈴木明子 2012-2013 フリースケーティング "O from Cirque du Soleil"

Akiko_suzuki_o_cirque_du_so_7

鈴木明子 Akiko Suzuki

2012-2013 Free skating
Music : "O" from Cirque du Soleil by Benoit Jutras

Amazon.co.jp
Choreo : Pasquale Camerlengo

オフィシャルサイト
AKIKO SUZUKI FAN CLUB
オフィシャルブログ
鈴木明子オフィシャルブログ「shantiな日々」
Twitter
Akiko Suzuki(@Mariakko2010) | Twitter






商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

2015/02/13

鈴木明子 笠松スケートフェスティバル2015に出演/2012-2013 FS 『O (シルク・ドゥ・ソレイユ)』

Akiko_suzuki_2012_2013_fs_o_2
鈴木明子 Akiko Suzuki
2012-2013Free Skating 『O(from Cirque du Soleil)』

Amazon.co.jp
O (MP3)
作曲 : Benoit Jutras
振付 : Pasquale Camerlengo

鈴木明子オフィシャルブログ
「shantiな日々」
笠松スポーツフェスティバル2015公式サイト
笠松スポーツフェスティバル2015


鈴木明子さんら出演 来月スケートフェス
[読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2015/02/12]

ひたちなか市の笠松運動公園で3月22日、「笠松スケートフェスティバル2015」が開かれる。バンクーバー、ソチ五輪代表のプロフィギュアスケーター・鈴木明子さんや、昨年12月の全日本選手権で3位に食い込んだ新星・樋口新葉わかば選手らが出演する。

バイオリンの生演奏に合わせた鈴木さんの情感あふれる演技のほか、ダイナミックなシンクロナイズド・スケーティングが見どころ。

午後2時半開演。チケットは2月21日から、同公園管理事務所で販売し、電話予約は翌日から受け付ける。S席7000円、A席6000円など。問い合わせ、申し込みは同公園(029・202・0808)へ。

 






2013/12/04

鈴木明子 タンゴ・ジェラシー 2010-2011 SP

Akiko_suzuki_sp_2010_2011_tango_jal
鈴木明子 Akiko Suzuki

2010-2011 SP 『ジェラシー Tango Jalousie』
作曲 : Jacob Gade
振付 : Kenji Miyamoto


Jalousie (MP3)
amazon.co.jp















2013/10/30

鈴木明子 GPSスケートカナダ 銀メダル「一つ一つできることをやっていきたい」/2013-2014 EX Love Dance From Kà(シルク・ドゥ・ソレイユ)

Akiko_suzuki_ex_2013_2014_love_danc
鈴木明子 Akiko Suzuki

2013-2014 エキシビション 『Love Dance From Kà (シルク・ドゥ・ソレイユ)』より
作曲 : René Dupéré
振付 : Kenji Miyamoto


Love Dance


2013/2014 ISUグランプリシリーズ第2戦 スケートカナダ(セントジョン)
ISU GP Skate Canada International 2013

女子シングルFSジャッジスコア
LADIES FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER

Ladies Result
FPl. Name Nation Points SP FS
1 Julia LIPNITSKAIA RUS 198.23 2 1
2 Akiko SUZUKI JPN 193.75 3 2
3 Gracie GOLD USA 186.65 1 3
4 Christina GAO USA 173.69 4 5
5 Amelie LACOSTE CAN 163.11 6 6
6 Courtney HICKS USA 162.00 9 4
7 Natalia POPOVA UKR 145.88 7 7
8 Veronik MALLET CAN 138.13 8 8
WD Kaetlyn OSMOND CAN 5 -


フィギュア 鈴木明子は2位
[NHK News 2013/10/27 5:33]

フィギュアスケート、グランプリシリーズの第2戦、カナダ大会は26日、女子シングル後半のフリーの演技が行われ、鈴木明子選手は前半から順位を1つ上げて2位でした。

28歳の鈴木選手は前半のショートプログラムで3位につけて26日のフリーに臨みました。
鈴木選手は冒頭の3回転ジャンプで着氷が乱れたほか、その後も2つのジャンプで回転不足と判定されるなど小さなミスが続きました。
しかしスピンやステップはすべて最高難度と認められたうえ、持ち味のスピードに乗ったスケーティング技術や表現力は高い評価を受けて、フリーでは2番目の得点となりました。
この結果、鈴木選手は2日間の合計で193.75をマークし、前半から順位を1つ上げて2位になりました。
優勝はロシアの15歳、ユリア・リプニツカヤ選手で198.23の得点でした。


鈴木が銀 観客総立ち!3年連続10歳以上若い選手に敗れるも断トツ演技力
[デイリースポーツ 2013/10/28 6:59]

「フィギュアGPシリーズ・スケートカナダ・第2日」(26日、セントジョン)

  女子はSP3位の鈴木明子(28)=邦和スポーツランド=がミスを引きずらない演技でフリー127・99点、計193・75点で2位。ユリア・リプニツカヤ(ロシア)が計198・23点で優勝した。男子は羽生結弦(18)=ANA=がフリー154・40点、計234・80で2位、織田信成(26)=関大大学院=がフリー152・18点、計233・00点で3位に入った。世界王者のパトリック・チャン(カナダ)が計262・03点で圧勝。無良崇人(22)=岡山国際スケートリンク=は計188・53点で10人中最下位に終わった。

  出だしのつまずきを忘れさせる演技に観客は総立ちとなった。鈴木が見せたのはミスを引きずらない強さ。4月の国別対抗で出した自己ベスト199・58点に次ぐ高得点を演出したのは、心の成長だった。

  「普段から終わったことはすぐに切り替えようとしてきたので、昨年と比べたら落ち着いた試合運びになった」

  冒頭の3連続ジャンプが単発になっても冷静だった。続くダブルアクセルを3連続に変更。その後も大崩れせずにまとめた。表現力を示す演技構成点はほぼ8点台が並んで断トツ。最後まで「オペラ座の怪人」の主人公になりきった。

  以前は違った。失敗を取り返そうと力が入りミスを重ねた。転機は今季直前の練習。コーチ陣に修正点を指摘された後、こう言われた。「1回目でできなくても気にしないでね」。妙にふに落ちた。「昨季はミスが怖かったけど、ミスした後が重要なんだと。怖がってもしょうがない」。意識が変わった瞬間だった。

  10年来の師弟関係を結ぶ長久保裕コーチとの関係にも変化が生じた。ミスの原因を探る際、これまでは「違う」と言われるのが嫌で黙っていた。それを改めた。「自分が正しいと思ったことを言った方がスッキリする」。考えをぶつけ合って理解してもらうことで、精神的なアドバイスもより受け入れやすくなった。

  3年連続の2位。いずれも10歳以上若いホープに敗れた。それでも28歳は胸を張った。「やれることをやろうと集中していたので、3回目の銀は過去2回とは違う」。ジャンプを決めればもっと点は出る。観客の反応で自信も得た。ソチ五輪に向け、収穫の多い銀メダルだった。


羽生、気持ちは前へ=鈴木「いい試合だった」―スケートカナダ
[時事通信 2013/10/28 9:00]

  【セントジョン(カナダ)時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダに出場した日本選手が27日、カナダ・セントジョンで取材に応じ、4回転ジャンプの失敗など、内容的に不本意だった男子2位の羽生結弦(ANA)は「ものすごく悔しいが、(気持ちは)前に向かっている」と奮起を誓った。
  表現面が高く評価された女子2位の鈴木明子(邦和スポーツランド)は「今の状態でできることができ、いい試合だった」と手応えを語った。男子3位の織田信成(関大大学院)は「3位は幸運。次のNHK杯は優勝しかない」と意気込んだ。
  エキシビションも行われ、羽生は2012年世界選手権で3位に入ったショートプログラムの曲で演じ、鈴木と織田も華麗な滑りを披露した。


フィギュア鈴木明子が帰国 スケートカナダで2位
[共同通信 2013/10/29 19:55]

  フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダで女子2位に入った鈴木明子が29日、中部国際空港に帰国し「評価も良かったし(GPシリーズの)初戦としてはまずまず」と笑顔で話した。

  移動による疲れや時差対策のため、試合の約1週間前に米国で調整してからカナダに入った。「距離もあったし良かったと思う。着いてから動かした時も体が軽かった」と話した。

  次戦は11月8日から行われるGPシリーズ第4戦のNHK杯となる。「一つ一つできることをやっていきたい」とさらなるレベルアップを誓った。















2013/10/12

鈴木明子 フィンランディア杯2013 銀メダル 2013-2014 SP 愛の賛歌

Akiko_suzuki_fs_2013_2014_ainosanka
鈴木明子 Akiko Suzuki

2013-2014 ショートプログラム
愛の賛歌 Hymne à l'amour

Amazon.co.jo
作曲 : Marguerite Monnot
演奏 : 古澤 巌
編曲 : 平沼有梨
振付 : Massimo Scali

鈴木明子オフィシャルブログ「shantiな日々」

フィンランディア・トロフィー2013公式サイト

女子シングルSPリザルト≫ Ladies SHORT PROGRAM JUDGES DETAILS PER SKATER

女子シングルFSリザルト≫ Ladies FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER

Finlandia Trophy 2013 女子シングルリザルト
FPl. Name Nation Points SP FS
1 Julia LIPNITSKAIA RUS 191.31 1 1
2 Akiko SUZUKI JPN 180.54 2 3
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 173.45 6 2
4 Mirai NAGASU USA 164.51 4 4
5 Vanessa LAM USA 152.28 3 6
6 Isabelle OLSSON SWE 150.45 5 5
7 Juulia TURKKILA FIN 129.73 7 7
8 Risa SHOJI JPN 124.90 8 8
9 Rosaliina KUPARINEN FIN 122.91 9 9
10 Giada RUSSO ITA 119.60 10 10
11 Isabelle PIEMAN BEL 112.65 12 11
12 Carol BRESSANUTTI ITA 110.76 13 12
13 Gerli LIINAMトE EST 106.11 14 13
14 Seidi RANTANEN FIN 103.24 11 14
WD Fleur MAXWELL LUX


羽生結弦が優勝、鈴木明子は2位…フィギュア
[読売新聞 2013/10/6 22:45]

【エスポー(フィンランド)=永井順子】フィギュアスケートのフィンランディア杯は6日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ゆづる)(ANA)は180・93点でフリー1位となり、合計265・59点を出して優勝した。

SP5位の中村健人(立大)は合計192・53点で8位だった。

女子は、SP2位の鈴木明子(邦和スポーツランド)がフリー3位で、合計180・54点で2位。庄司理紗(東京・駒場学園高)は8位だった。優勝はユリア・リプニツカヤ(ロシア)。


フィンランディア杯フィギュア・談話
[時事ドットコム 2013/10/07 00:49]

◇大台乗りうれしい
 羽生結弦 不安だらけだったけど、4回転を二つ決められて180点の大台に乗ったのがうれしい。もっと(成功する)確率を上げてコンスタントに決められるようにしたい。

◇前向きなミス
 鈴木明子 悔しい。練習でミスしているところでミスをした。ただ、修正すべき点は明確に分かっている。前向きな、次につながるミスだった。

















2013/02/15

鈴木明子 四大陸選手権2013 2位!女子シングル日本選手表彰台独占

Akiko_suzuki_4cc13s
鈴木明子 Akiko Suzuki 2013年四大陸フィギュアスケート選手権 ~SP"BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY"~

>四大陸フィギュアスケート選手権2013 女子シングル表彰式(ニコニコ動画)

(右下部クリックでコメント非表示)

>鈴木明子 SP動画(You Tube)【2013 4CC Akiko SUZUKI SP

>鈴木明子 FS動画(You Tube)【2013 Four Continents FS Akiko SUZUKI B-Euro】

フィギュア=四大陸選手権で浅田が優勝、日本勢が表彰台独占
[ロイター 2013/2/11 09:00]

[10日 ロイター] フィギュアスケートの四大陸選手権は10日、大阪市中央体育館で女子フリーを行い、浅田真央が今季世界最高の合計205.45点で3季ぶり、3回目の優勝を達成した。

浅田はショートプログラム(SP)に続き、フリーでも1位となり、今季は5戦全勝。次は今日以上の演技をしたいと述べ、3月の世界選手権に向けて意欲を見せた。

鈴木明子が合計190.08点で2位、村上佳菜子が合計181.03点で3位に入り、日本女子が2003年以来の表彰台独占を果たした。


4cc13m1


【フィギュア】明子「楽しかった」2位!迷い払拭、自己ベスト更新
[スポーツ報知 2013/2/11 07:03]

◆フィギュアスケート 四大陸選手権最終日(10日・大阪市中央体育館) 女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の浅田真央(22)=中京大=は、今季世界最高の合計205・45点で3年ぶり3度目の優勝を飾った。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と2連続3回転ジャンプは回転不足ながら、銀メダルを獲得した10年バンクーバー五輪以来の200点超えで、自身初の5連勝とした。鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=は2位、村上佳菜子(18)=中京大中京高=は3位と、日本女子が10年ぶりに表彰台を独占した。

晴れ晴れとした顔だ。日本勢最年長27歳の鈴木は、ベテランの底力を発揮して2位。「楽しかった。心から滑ることができた」。苦悩からの脱出を笑顔で口にした。

クジャクのような、あでやかな衣装に身を包み、情感たっぷりに舞った。序盤に予定していた2回転半―3回転が単発の1回転半になったが、スピンでは最高評価のレベル4だ。表現力でも4項目で8点台を獲得。昨年4月に日本開催だった世界国別対抗戦でマークした合計187・79点の自己最高を塗り替えた。

迷いを断ち切り、キレのあるジャンプと表情豊かな滑りが戻ってきた。昨年12月のソチ五輪会場でのGPファイナルに出場。「またここに戻ってきたい」と意欲が湧いた。反面、演技のミスを怖がるようになり「1つの不安が焦りになって、次につながらなくなった」。しかし、長久保裕コーチ(66)は言う。「強くなった。でも、ホント苦労した。余計な心配をするから『大丈夫。できるから』って、僕もめったに使わない甘い言葉を一生懸命、言った」

残り1年の競技生活。鈴木は「私のために気を使い続けてくれた父と母にも喜んでもらいたい」と支えてくれた両親への感謝を口にする。愛知・豊橋市の実家は、開業35年目の日本料理店を営む。鈴木は小学生の頃、授業が終わると板前の父・和則さん(66)と母・ケイ子さん(62)が忙しい中で市内のリンクに通った。帰宅後は店のカウンターで夕食を取った。常連のお客さんがリンクの送り迎えをしてくれた。6歳からスケート靴を履いて21年。体調管理に、父はスッポン料理を振る舞い、母はお雑煮を作って娘を支える。「2人に思い出を残してあげたい」と鈴木。昨季銅メダルに輝いた世界選手権では、日の丸を背負い、心を強く持って戦いに向かう。



As4cc13m1

2位の鈴木、ミスも気持ち切り替え「ようやく一つ抜け出せた」
[スポーツナビ 2013/2/10 20:18]

フィギュアスケートの四大陸選手権第3日が10日、大阪市中央体育館で行われ、女子フリースケーティングでは、浅田真央(中京大)がフリー130.96点、総合205.45点で3年ぶり3度目の優勝を飾った。2位は鈴木明子(邦和スポーツランド)でフリー124.43点、総合190.08点。3位には村上佳菜子(中京大中京高)が、フリー116.99点、総合181.03点で入り、日本勢が表彰台を独占した。

以下は、鈴木のコメント。

「ダブルアクセルはずっと注意を受けていたジャンプだったので、とにかくスピードを出して踏み切ろうとしたら、違う方向に力が入ってしまって思い切っていけませんでした。アクセルとして成立したかどうかで後半の演技がだいぶ変わってくるので、やっぱりステップ中に考えてしまいましたね。でも、このミスを引きずらなかったのが、今回の大きな収穫だと思います。ずっと課題として練習してきたことだったので。

ミスがあっても、次は違うジャンプなので『切り替えをきちんとしないといけない』と、先生からずっと言われて練習してきました。その成果が出たと思います。ミスが続かないこと、切り替えることをコーチとの対話でやってきました。試合になったら自由に体が動くようになっているんだから自分を信じなさいとも言われました。ミスが出ても委縮しないように、今回やってきたことが出たと思います。でも、それがミスが出たことで確認できたのは、良かったのか悪かったのかは分からないのですが(笑)。ただ、これまでやってきたことが少しずつ形になってきて、自分の気持ちとの戦いでしたし、ようやく一つ抜け出せたかなと思います。

年齢が上になってくると、自立して自分で何とかしないといけない気持ちが出てきて、調子が悪くてもなかなか先生に素直に言えなくなっていました。でも、素直に言えるようになったことで、先生に頼れるようになった。それも良かったと思います」




As4cc13m3





2012/12/26

鈴木明子 来季限りで引退へ「やる価値がある挑戦」

Akiko_suzuki_ajp12_e_2

鈴木明子オフィシャルプログ


明子 ソチ五輪を集大成に…来季限りでの現役引退表明
[スポニチアネックス 2012/12/25 07:02]

 
大ベテランの覚悟は決まった。全日本選手権4位だった鈴木明子(27=邦和スポーツランド)が、来季限りでの現役引退を表明した。今月上旬のファイナル後に、14年ソチ五輪を目指すことを決意。長久保コーチの66歳の誕生日だった今月14日に、プレゼントとともに「あと1シーズンでやめます」と書いた手紙を送っていたことを明かした。

  今季は練習でジャンプの不安を解消できないまま試合に臨み、好不調の波が大きい。昨季は銅メダルだった世界選手権では、さらに上位を見据える。「プログラムの完成度を高めて、もっともっと魅せられるスケートをしていきたい」と気合を入れていた。

----------------------------------------------------------------------

鈴木明子、来季限りでの引退表明…ソチ五輪で完全燃焼誓う
[デイリースポーツ 2012/12/25 07:01]

 
フィギュアスケートの全日本選手権の女子で4位に終わった鈴木明子(邦和スポーツランド)が24日、来シーズン限りでの引退を表明した。

  前日の会見で14年ソチ五輪挑戦を正式に表明。長久保コーチには「あと1シーズン、付き合ってください」と話した。28歳で迎える五輪に向け「葛藤はあったけど、やる価値がある挑戦だと思う」と、完全燃焼を誓った。

-----------------------------------------------------------------------

明子 来季の引退を表明…ソチ五輪へ「やる価値がある挑戦」
[スポーツニッポン 2012/12/24 18:50]

  フィギュアスケート女子の鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=が24日、ソチ冬季五輪がある来シーズン限りで引退すると表明した。「現役はあと1シーズン。(五輪は)最後のチャンスと考え、やる価値がある挑戦だと感じた」と語った。

  ソチで開催されたグランプリ・ファイナルを経験して「ここ(ソチ)に戻りたい」と決意し、長久保裕コーチにもう1シーズンの指導を依頼する手紙を渡したという。全日本選手権は4位だったが、来年3月の世界選手権代表に決まり「一つ一つ基礎から見直したい」と後半戦に向けて修正を誓った。



12_ajp_ex1_as
12_ajp_ex2_as_2




2012/12/09

鈴木明子 グランプリシリーズファイナル2012 総合3位!

Akiko_suzuki_gps_fi12

2012/2013 ISUグランプリシリーズファイナル(ロシア・ソチ)

>>YouTube [グランプリファイナル 2012 表彰式]

>>YouTube 鈴木明子ショート [ISU GP Final SOCHI 2012 -3/7- LADIES SP - Akiko SUZUKI - 07/12/2012]

>>YouTube 鈴木明子フリー [Akiko SUZUKI FS]

浅田真央が4年ぶり優勝 鈴木は銅メダル=フィギュア・GPファイナル

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが8日(日本時間同日)、ロシアのソチで行われ、女子フリースケーティング(FS)では、浅田真央(中京大)がシーズンベストの129.84点をマーク。前日のショートプログラムと合わせた総合でもシーズンベストの196.80点で4年ぶり3度目の優勝を飾った。
  一方、鈴木明子(邦和スポーツランド)はFS115.77点の総合180.77点で3位に入り、2年連続の表彰台。2位はアシュリー・ワグナー(米国)で総合181.93点だった。

 浅田がショートプログラム(SP)、FSともに1位で優勝した。冒頭の3回転ループを着氷。続くダブルアクセル-3回転トゥループでは、2つ目のトゥループで回転不足、また次の3回転フリップも回転不足に。しかし、後半に入れた3連続のコンビネーションは危なげなく跳び10.37点を獲得。3回転フリップから2回転ループのコンビネーションも落ち着いて決めた。また、スピン、ステップシークエンスではレベル4の評価を得た。

 鈴木はSP3位から表彰台をキープした。最初の3連続ジャンプ、ダブルアクセルからの2連続は成功したものの、続くルッツが1回転に。2度同じ場所で転倒するなど厳しい展開となるも、ステップや後半に入れた3回転ループ-2回転トゥループのコンビネーション、3回転サルコウを落ち着いて決めて銅メダルを獲得した。
[スポーツナビ 2012年12月8日 21:34]

鈴木「こんなもんではない」/フィギュア

 悔しい表彰台だ。バンクーバー五輪代表の鈴木明子(27=邦和スポーツランド)は、フリー演技のジャンプで2度の転倒。115・77点でショートプログラム(SP)に続きフリーでも3位となり、合計180・77点で総合3位に終わった。昨年に続く2年連続の表彰台となったが、昨年の2位から順位を下げ、SPからの逆転での初優勝はならなかった。

 鈴木が最初に発した言葉が、すべてを表していた。「悔しいです」。SPを終わって、首位の浅田とは1・96点差。自信のあるフリーで逆転の構図は、2度の転倒と、3回転ルッツのパンクで、はかなくも崩れた。「悔いが残っている」。くちびるをかみ、再び言葉を振り絞った。

 冒頭の3連続ジャンプは見事に決まり、続く2回転半-3回転トーループは1・10点の加点をもらう完璧な出来。最高の滑り出しだった。しかし3回転ルッツがパンクして1回転になった。今季、踏み切り違反で注意マークがついていたジャンプだけに苦手意識が働いた。「そこから流れがいつも通りに行かなくなった」。

 リズムは取り戻せなかった。後半の3回転フリップと3回転ループで転倒。今季、出場した2度のGP戦で、ともに1位に輝いたフリーは、まさかの3位に終わった。総合3位で何とか2年連続の表彰台は確保したが「注意すべきところが全部うまくいかなかった」と肩を落とした。

 11月下旬に、東日本大震災以降、初めて被災地を訪れた。震災で本校舎が使えなくなった七ケ浜中の仮設校舎を訪ね、生徒たちを励ました。武道場の中に掲げてあった「最初から最後まで集中」「完全燃焼」という言葉に感銘を受け「逆に元気をもらった」と、今大会への励みとした。

 まだ14年ソチ五輪への挑戦を明言していない。しかし、「(わたしは)こんなもんではない」と、自らを鼓舞し前を向く。この悔しさは、21日に開幕の全日本(札幌)で晴らす。来年3月の世界選手権(カナダ)、そして、その先には、今大会の会場で開かれる五輪が待っているかもしれない。
[nikkansports.com 2012年12月9日8:56]

Gps_fi12_l2s


にほんブログ村

2012/12/07

鈴木明子 グランプリファイナル2012 SP3位

Akiko_suzuki_gps_fi12s

明子「怖いものはない」とシーズンベストの3位発進

  鈴木明子が、冒頭の連続3回転などジャンプをきっちり決め、今季出遅れが続いていたショートプログラムでシーズンベストの65・00点を出し、3位発進した。今季のGPシリーズ2戦では、3回転ルッツで踏み切り違反を取られたため、今回はフリップに変更したことも効を奏したか、映画「キル・ビル」のテーマに乗ってのびのびとした演技を見せた。

 「ようやくジャンプが全部入ったのでよかったです。今季はミスをたくさんしてきたので、怖いものはない、と思い切りやった」と鈴木。だが、スピンでよろけて減点されたことで「悔やまれる」と残念そうな表情を見せた。

 それでも首位の浅田とは1・96点差。得意のフリーで、昨年の2位を上回る逆転Vも十分に狙える。「フリーでは思い切ってやるだけ」と目に力を込めていた。

[スポニチアネックス 12月7日(金)21時40分]










グランプリシリーズファイナル2012

Gps_fi_12
ISUグランプリシリーズファイナル2012/13 (ロシア・ソチ) 

開催日程: 12月7日(金)~9日(日)


【男子シングルエントリー】

羽生 結弦 (JPN)

小塚 崇彦 (JPN) 

町田 樹 (JPN)   

髙橋 大輔 (JPN)

パトリック・チャン (CAN)

ハビエル・フェルナンデス (ESP)

Entries/Results(Men)


【女子シングルエントリー】

アシュリー・ワグナー (USA)   

浅田 真央 (JPN) 

キーラ・コルピ (FIN)   

鈴木 明子 (JPN) 

エリザベータ・トゥクタミシェワ (RUS) 

クリスティーナ・ガオ (USA)

Entries/Results(Ladies)




その他のカテゴリー

2012/2013 ISUグランプリシリーズ | 2012/2013 ジャパンオープン | 2012/2013 世界選手権 | 2012/2013 四大陸選手権 | 2012/2013 第81回全日本選手権 | 2013/2014 ISUグランプリシリーズ | 2013/2014 ジャパンオープン | 2013/2014 ソチオリンピック | 2014/2015 ISUグランプリシリーズ | 2014/2015 第83回全日本選手権 | 2015/2016 第84回全日本選手権 | 2016/17 第85回全日本選手権 | NEWS : フィギュアスケート | アデリナ・ソトニコワ Adelina STONIKOVA | アリョーナ・レオノワ Alena LEONOVA | アレクサンドル・スミルノフ&川口悠子 Yuko KAWAGUCHI&Alexander SMIRNOV | エフゲニー・プルシェンコ Evgeni PLUSHENKO | エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ Elizaveta TUKTAMYSHEVA | エレーナ・イリイヌィフ&ニキータ・カツァラポフ Elena ILINYKH&Nikita KATSALAPOV | エレーナ・ラジオノワ Elena RADIONOVA | カロリーナ・コストナー Carolina KOSTNER | キャシー・リード&クリス・リード | グレイシー・ゴールド Gracie GOLD | ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ Kaitlyn WEAVER&Andrew POJE | ケヴィン・レイノルズ Kevin REYNOLDS | サーシャ・コーエン Sasha COHEN | ジェフリー・バトル Jeffrey BUTTLE | ジェレミー・アボット Jeremy ABBOTT | ジョアニー・ロシェット Joannie ROCHETTE | ハビエル・フェルナンデス Javier FERNANDEZ | パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ Piper GILLES&Paul Poirier | フローラン・アモディオ Florent AMODIO | ブライアン・ジュベール Brian JOUBERT | マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ Maia&Alex SHIBUTANI | マキシム・コフトゥン Maxim KOVTUN | ミライ・ナガス 長洲未来 Mirai NAGASU | ユリア・リプニツカヤ Julia LIPNITSKAIA | 今井遥 | 加藤利緒菜 | 宇野昌磨 | 宮原知子 | 小塚崇彦 | 本郷理華 | 村上佳菜子 | 村上大介 | 浅田真央 | 無良崇人 | 町田樹 | 織田信成 | 羽生結弦 | 鈴木明子 | 高橋大輔 | 高橋成美