カテゴリー「町田樹」の記事

2015/01/23

町田樹 「誇りを胸に堂々と競技人生に終止符を」 第83回全日本フィギュアスケート選手権/2014-2015 SP 『ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲』

Tatsuki_machida_2004_2015_sp_83jnc第83回全日本フィギュアスケート選手権(ビッグハット・長野市)

町田 樹 Tatsuki Machida
2014-2015Short Program 『ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲(映画「ラヴェンダーの咲く庭で」より)』
Ladies in Lavender.

Amazon.co.jp
Music : Jean Claude Petit/Joshua Bell
Choreo : Phillip Mills

第83回全日本フィギュアスケート選手権大会競技結果
男子 最終結果
リザルト
男子 SP ジャッジスコア
Judges Details per Skater/Short Program
男子 FS ジャッジスコア
Judges Details per Skater/Free Skating

「誇りを胸に堂々と競技人生に終止符を」町田樹、現役引退コメント全文
[スポーツナビ 2014年12月28日 22:37]

フィギュアスケート男子の町田樹(関西大)が28日、全日本選手権(長野・ビッグハット)での世界選手権代表発表の場で、今大会をもって現役を退くことを発表し、世界選手権の代表を辞退した。今後は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に進学し、スポーツマネジメントの研究者を目指す。

引退発表直後に取材に応じた町田は、自分の思いをつづった紙を持参し読み上げた後、報道陣の質問に答えた。

以下、町田のあいさつ全文および一問一答。 

「本当に晴れやかな気持ち」で引退を決断

皆さま、このたび私はこの全日本選手権大会をもちまして、現役の選手を引退することを決断しました。近年ではスポーツ選手のセカンドキャリア問題が社会問題になるに至っており、JOC(日本オリンピック委員会)も問題解決に向け、アスリートセカンド(キャリア)サポート事業に取り組んでいるほどです。私も自分自身の選手引退後のキャリアデザインに苦労した1人です。しかしながら周囲の方々のご指導のもと、自分自身でセカンドキャリアへの一歩を踏み出せるよう、競技を続けるかたわらで、文武両道のために準備をしてまいりました。

実は今シーズン序盤、スケートアメリカに出場するためにシカゴへ出発する直前に、私は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程2年制の一般入試を受験いたしました。その合格が発表されたのはスケートアメリカのショートプログラムが行われる日のことで、文字通り万感の思いで演技をいたしました。その後もシーズンを通して、私は文武両道を志し、今シーズンのプログラムである『ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲』と『第九交響曲』の作品としての完成を目指して、周囲の方々の心強いご指導のもと、初志貫徹で精進してまいりました。そして今大会での自分の演技を終えた結果、私は自分の引退を本当に晴れやかな気持ちで本日12月28日の朝、決断することができました。

ご指導いただいている大西勝敬コーチにも本日、その意志をお伝えしたところです。約21年間の競技人生でしたが、何も思い残すことなく、誇りを胸に堂々と競技人生に終止符を打てます。これもひとえに関西大学、国際スケート連盟及び日本スケート連盟、歴代コーチ、歴代振付師の先生方をはじめ、周囲の方々のご支援・ご指導、また家族の支えがあったからであり、さらには多くのファンの皆さまのお心温かい応援があったおかげです。心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。

そして2015年4月より、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程2年制に入学後は、博士課程進学を視野に入れ、将来的には研究者を目指し、いち大学院生として精進してまいりたいと強く思っております。フィギュアスケートを、スポーツマネジメントの領域で考察する研究者として、社会から真に必要とされる人材になるべく、真摯に新たな道に歩んでいく所存です。

なお機会を与えていただければのお話ではありますが、今後とも研究活動の一環として、アイスショー等での演技や創作活動を必要最小限の数の舞台において経験させていただきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。皆さまには今後とも静かに見守ってくださいますなら幸いです。重ねて心よりお願い申し上げます。本当にありがとうございました。 

「思い残すことはない」

――スケートとの両立は考えられなかったのか?

早稲田大学大学院入学後は研究者を目指して、学問の道に専心していく所存です。学問とスケートとの両立は、今シーズンまで僕は精いっぱい自分なりに両立してきたつもりですので、思い残すことはなく、学問の道に専心したいと思います。

――世界選手権までというのは考えなかったのか?

そうですね。早稲田大学大学院の入学式が4月の頭にありますし、学問の道に専心するために準備が必要ですので、もう今日から学問の道に専心したいと思い、このような決断をさせていただきました。

――引退を決断したきっかけは?

述べたとおりです。

――昨シーズンから意識していたのか?

どうですかね。それは自分の中だけで持っておきたいと思います。

――フィギュアスケートをスポーツマネジメントの領域でというのは具体的に? 裏方や演出?

それも自分の研究活動にかかわりますし、この場にはなじまないので控えさせていただきます。本当にここで述べたことが僕の真実であり、すべての言葉ですので、以上をもって僕の言葉とさせていただきます。

町田樹が“最高傑作”でラストダンス
[デイリースポーツ 2014年12月29日 19:12]

「フィギュアスケート全日本選手権エキシビション」(29日、長野ビッグハット)

メダリスト・オン・アイスが行われ、前日に電撃引退を発表した町田樹(24)=関大=は、ソチ五輪シーズンのSP「エデンの東~セレブレーションバージョン~」を滑り、現役生活に終止符を打った。

“氷上の哲学者”が選手生活のフィナーレに選んだ曲は、自ら「町田樹史上最高傑作」を称した「エデンの東」だった。柔らかな旋律とともに、町田の“最後の舞が、観衆を引き込んでいった。万感の演技を終え、マイクを握ると「堂々と誇らかに引退することができます。本当に…いい競技人生でした」と、涙。アンコールをしっとりと舞い、ラストダンスを終えた。

終演後には同じく今季引退した村主章枝とともに再びリンクへ。次代を担う宇野昌磨(中京大中京高)から花束を受け取る際には、氷に残した思いを託すかのように、がっちりと握手を交わした。

昨季、「五輪争い6番目の男」からソチ五輪5位、世界選手権銀メダルという誰もが驚いた快進撃は、1つの言葉から始まった。

『ティムシェル』

「汝(なんじ)、治むること能(あた)う」と訳されるこのヘブライ語は、「エデンの東」の原作(ジョン・スタインベック著)に登場。この言葉のとらえ方は、読み手によって様々だが、町田はこれを「自分の運命は自分で切り開く」と解釈。まさしく町田はこのプログラムとともに自らの運命を切り開いていった。

前日に世界選手権代表発表の場でマイクを握ると突如引退を発表し、代表辞退を表明。早大大学院進学と研究者を目指すことを宣言した。電撃的かつ用意周到な引退発表も、大胆かつ思慮深いどこまでもエンターテイナーな町田らしい新たな一歩の踏み出し方といえた。これもまた町田の『ティムシェル』。唯一無二にして、規格外な異端のスケーターはリンクを降り、自ら切り開いた新たな運命の中に飛び込んでいく。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/17

町田樹 「苦難を乗り越えた先に光はある」GPファイナル2014 総合6位/2014-2015 SP 『ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー』

Tatsuki_machida_2014_2015_sp_gpf2014/2015 ISUグランプリシリーズファイナル(スペイン・バルセロナ)

町田樹 Tatsuki MACHIDA
2014-2015 SP 『ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー (映画「ラヴェンダーの咲く庭で」より)』
Ladies in Lavender.

Amazon.co.jp
Music : Jean Claude Petit/Joshua Bell
Choreo : Phillip Mills

町田樹オフィシャルサイト
Tatsuki Machida 町田 樹 OFFICIAL WEB SITE
2014/2015 ISU GPファイナル公式サイト
Web oficial - ISU Grand Prix Final Barcelona
2014/2015 ISU GPファイナル シングル男子 リザルト
ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2014 - Men
シングル男子 ショート ジャッジスコア
ISU GP FINAL 2014 MEN SHORT PROGRAM JUDGES SCORES
シングル男子 フリー ジャッジスコア
ISU GP Final 2014 MEN FREE SKATING JUDGES SCORES


町田「苦難乗り越えた先に光はある」
[nikkansports.com 2014/12/15 9:46

<フィギュアスケート:グランプリファイナル>◇最終日◇13日◇スペイン・バルセロナ

3度目の出場で町田樹(24=関大)は初の表彰台を逃しただけでなく、最下位に沈んだ。

出だしの4回転を含めジャンプで3度転倒。頭の中を整理しようと時折、顎に手を当てて考え込み「壁に跳ね返されて悔しい。結果を受け止める」と険しい表情で語った。「壁」とはベートーベンの「交響曲第9番」で目指す理想のこと。ジャンプの間にステップやターンをちりばめたプログラムは「針の穴を通すくらいの緻密さ」が求められるという。「演技は恥ずべきものだったが、後悔はない。苦難を乗り越えた先に光はある」と信念はぶれなかった。

町田 卒論執筆で調整不足、高難度「第9」で3度も転倒
[スポニチ Sponichi Annex 2014/12/15 05:30]

フィギュアスケートGPファイナル最終日 (12月13日  スペイン・バルセロナ)
表彰台は遠かった。ファイナルで12年6位、13年4位の町田は、最下位の6位に沈んだ。文武両道を常とし、大会中も卒論執筆で睡眠時間を削った。調整不足のため、一度は出場辞退届を出したほどだった。

冒頭の4回転トーループを含め3度も転倒。頭の中を整理しようと時折、顎に手を当てて考え込み「壁にはね返されて悔しい」と険しい表情で語った。「壁」とはベートーベンの「交響曲第9番」で目指す理想のこと。ジャンプの間にステップやターンをちりばめたプログラムは「針の穴を通すくらいの緻密さ」が求められる。
「演技は恥ずべきものだったが、後悔はない。こんなことで負けていられない。苦難を乗り越えた先に光はある」。26日開幕の全日本選手権(長野)に向け、「歯車をかみ合わせてみせる」と執念を見せた。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/25

町田樹 GP第5戦 エリック・ボンパール杯 銀メダル/2014-2015 FS 『交響曲第9番』

Tatsuki_machida_2014_2015_fs_teb2014-2015 ISUグランプリシリーズ第5戦 エリック・ボンパール杯 FS

町田 樹 Machida Tatsuki
2014-2015 FS 『交響曲第9番』

Amazon.co.jp
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」
Music : Ludwig van Beethoven
Choreo : Phillip Mills

町田樹公式ブログ
町田樹からのメッセージ|関西大学・アイススケート部

2014/2015 ISU GP エリック・ボンパール杯公式サイト
Trophée Eric Bompard 2014
2014/2015 ISU GP エリック・ボンパール杯 男子シングル リザルト
ISU GP Trophée Eric Bompard  2014 - Men
男子シングル SP ジャッジスコア
ISU GP Trophée Eric Bompard  2014 MEN SHORT PROGRAM JUDGES SCORES
男子シングル FS ジャッジスコア
ISU GP Trophée Eric Bompard  2014MEN FREE SKATING JUDGES SCORES


フィギュア 町田逆転ならず2位
[NHK News web 2014/11/23 07:37]

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第5戦、フランス大会の男子シングルで町田樹選手が2位に入り、グランプリファイナルの出場を決めました。

男子シングルは22日、後半のフリーが行われ、ショートプログラムで首位と3.08差の2位につけ逆転優勝をねらった町田選手は、得点を伸ばせず、合計237.74のスコアで2位でした。
町田選手は、先月のグランプリシリーズ第1戦、アメリカ大会に続く優勝はなりませんでしたが、来月、上位選手を集めてスペインで開かれるグランプリファイナルの出場を決めました。
優勝は前半6位から逆転したロシアのマキシム・コフトゥン選手でした。
女子シングルは、今シーズン世界最高の合計203.92をマークしたロシアの15歳、エレーナ・ラジオノワ選手がアメリカ大会に続いて優勝し、日本の今井遙選手は前半から順位を上げられず8位でした。

ファイナルで「金メダルを」=町田、悔しい2位から一夜明け―仏杯フィギュア
[時事通信 2014/11/23 21:38]

【ボルドー(フランス)時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦フランス杯で2位となり、ファイナル(12月、スペイン・バルセロナ)進出を決めた町田樹(関大)は23日、一夜明けて「ある程度の水準以上の演技をできず悔しさが増している」と振り返った。
今大会はショートプログラム(SP)でスタミナがもたず、フリーではジャンプのミスが重なった。「そんなに不調ではなかったが、時差もきつく精神面をコントロールしきれなかった」と反省。ファイナルは同じ欧州で開催されるが「少し早く入って調整するので心配はない」と話した。

ファイナルの舞台は3年連続。初出場では最下位に沈み、2度目の昨季はSPで崩れ、フリーで巻き返して4位。「(今季は)金メダルを取れる最大のチャンス。自分の演技を完璧に近い形でやらなくてはならないが、その高いハードルを越えられたら本当にいい結果を得られる」と頂点を目指す意欲を示した。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/30

町田樹 GPスケートアメリカ優勝 2連覇/2014-15 FS『交響曲第9番』

Tatsuki_machida_symphony_no9_lp_201ISU GP Hilton HHonors Skate America 2014-15 Free skating

町田 樹 Tatsuki MACHIDA

2014-2015 Fs 『交響曲第9番 -Symphony No.9-』
作曲 : Ludwig van Beethoven
振付 : Phillip Mills


ワールド・フィギュアスケート 66

ISU MEN リザルト
ISU GP 2014 Hilton HHonors Skate America - Men
ISU MEN SHORT PROGRAM スコア
ISU GP 2014 Hilton HHonors Skate America
ISU MEN FREE SKATING スコア
ISU GP 2014 Hilton HHonors Skate America


町田、圧勝でスケート・アメリカ連覇
[AFP=時事 2014/10/26 15:25配信]

【AFP=時事】14-15フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ開幕戦、スケート・アメリカ(Skate America 2014)は25日、米イリノイ(Illinois)州ホフマンエステーツ(Hoffman Estates)のシアーズ・センター・アリーナ(Sears Centre Arena)で男子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、町田樹(Tatsuki Machida)が合計269.09点で2連覇を達成した。
町田は、ソチ冬季五輪終了後の新シーズン開幕戦となった今大会で、連覇を達成している。

24日に行われたショート・プログラムで首位に立っていた町田は、FSで175.50を記録し、合計234.17点で2位に入った米国のジェイソン・ブラウン(Jason Brown)に約35点差をつける圧勝だった。3位には、合計232.24点でカナダのナム・グエン(Nam Nguyen)が続いた。

町田は、ルートウィヒ・ベートーベン(Ludwig van Beethoven)の交響曲第9番にのせて、4回転と2回転のトゥループやトリプルアクセルと3回転トゥループというコンビネーションジャンプなど、非の打ち所のない演技を披露した。日本人選手のスケート・アメリカ制覇は、ここ10年間で8度目となっている。

町田の対抗馬と見られたデニス・テン(Denis Ten、カザフスタン)とジェレミー・アボット(Jeremy Abbott、米国)は、ともにミスが目立った。

現世界ジュニア王者のグエンは、シニアデビュー戦で表彰台入りという最高の結果を手にした。16歳のグエンはフリースケーティングでは町田に次いで2位の158.53点を記録している。グエンはソチ五輪の出場はなかったものの、11歳でバンクーバー冬季五輪のエキシビションに出場している。【翻訳編集】 AFPBB News


フィギュアGP開幕戦 町田樹が2連覇
[NHK Newsweb 2014/10/26 16:47]

フィギュアスケート、グランプリシリーズの開幕戦、アメリカ大会の男子シングルで、町田樹選手が大会2連覇を果たしました。

グランプリシリーズは、このアメリカ大会から来月下旬の大阪でのNHK杯まで6つの大会が開かれます。
開幕戦のアメリカ大会では、町田選手が前半のショートプログラムでトップに立って後半のフリーに臨みました。
町田選手は2つの4回転ジャンプを成功させるなどジャンプが安定し、ステップやスピンでも高得点を挙げました。
そして、演技の後半にはベートーベンの「交響曲第九番」の合唱に合わせて力強い振り付けを見せるなど表現力でも高い評価を得てフリーでも1位となり、合計得点269.09で2連覇を果たしました。

町田選手は、昨シーズンのロシア大会に続くグランプリシリーズ4勝目で、演技のあと、「後半は苦しかったが、観客の盛り上がりを見て、その苦しみを超える価値を感じられた」と話していました。

女子シングルは前半のショートプログラムが行われ、今井遙選手は3回転ジャンプの転倒が響いて、得点53.79にとどまり8位と出遅れました。
ペアのショートプログラムでは、日本出身でロシア代表の川口悠子選手とアレクサンドル・スミルノフ選手のペアが出場し、69.16でトップに立ちました。


町田樹「苦しみが報われた」 圧勝でGPV2
[時事 2014/10/26 19:12]

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは25日、米イリノイ州シカゴで行われ、男子ショートプログラム(SP)で首位に立っていた町田樹(関大)がフリーでも175・70点を挙げて1位となり、合計269・09点で大会2連覇を果たした。GPシリーズは通算4度目の優勝。
女子SPに臨んだ今井遥(新潟県連盟)は53・79点で8位だった。エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が67・41点で首位。ペアのSPでは川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)が69・16点でトップに立った。
アイスダンスでは、マディソン・チョック、エバン・ベーツ組(米)が優勝した。

■町田「勝負を受けて立ちたい」

体が悲鳴を上げていた。演技を終えた町田は力尽きたようにひざをついた。採点を待つ間も放心状態。観客の大歓声を聞いてようやく「苦しみが報われた気がした」。全力を出し切った充実感がこみ上げた。

新プログラム、ベートーベンの「第9交響曲」は、「120%を出さないと形にすらならない」というほど難しい挑戦だった。体力が落ちた後半に3回転フリップで手をつくミスが出たが、その他はしっかりまとめ上げた。今季初戦で状態も万全とはいえない中、上出来の内容。「結果も点数も演技の出来も、今の僕の100%。満足している」。伸びしろを実感できたことは収穫だった。

2位のブラウン(米)に34・92点の大差をつける圧勝で大会2連覇。最高のスタートは、後に続く日本男子勢に向けた強いメッセージとなる。「日本には羽生選手をはじめたくさんライバルがいる。(グランプリシリーズの)初戦でいいボールを投げられたと思うから、どう投げ返してくるのか。その勝負を受けて立ちたい」。強いライバル心を隠さなかった。
大西勝敬コーチ 「町田は真面目で教えがいのある選手。(今回の優勝は)85点で合格ラインぎりぎり。課題はスタミナ面だ」

今井遥 「(3回転ループは)米国に来てから一度もミスしていなかったので(転倒は)もったいなかった。全体的には前回の試合より良いところが出てきた」


「作品」完成に意欲=町田、一夜明け一息―スケートアメリカ
[時事通信 2015/10/27 10:56配信]

【シカゴ時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカで大会2連覇を果たした町田樹(関大)が優勝から一夜明けた26日、「ひとまずほっとしている」と穏やかな表情で心境を語った。

今季初戦を圧勝という形でスタート。次の課題について、「優先順位は勝ちよりも作品の完成度。完成度が高ければ勝ちも手に入る。まだ伸ばせる。やるべきことはたくさんある」と話し、新プログラムの完成に意欲を示した。
この日行われたエキシビションでは、「エデンの東」を演じてナイーブな感性を表現。観客を沸かせた。









| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/11/04

「現状維持は退化」町田樹 西日本選手権優勝 全日本出場権獲得

Tatsuki_machida_sp_2013_2014_east_o

町田樹 Tatsuki Machida

2013-2014 SP 『エデンの東 East of Eden』
作曲 : Lee Holdridge
振付 : Stéphane Lambiel


EAST OF EDEN ORIGINAL SOUNDTRACK SCORES

第39回西日本フィギュアスケート選手権大会 京都アクアリーナ (京都市)
エントリー/リザルト
第39回西日本フィギュアスケート選手権大会/第30回西日本フィギュアスケートジュニア

男子シングル最終結果
PL  選手名  所属  SP  FS  Points

1. 町  田      樹   関西大学 1 1 241.37
2. 坪  井  遥  司   岡山大学 2 3 174.00
3. 磯  崎  大  介   同志社大学F 3 2 173.25
4. 山  田  耕  新   関西大学 4 4 161.94
5. 吉  野  晃  平   関西大学 5 5 150.93
6. 山  本  拓  海   関西学院大学 7 6 134.07
7. 橋  爪  峻  也   中京大学 6 7 129.10
8. 近  藤  眞  樹   関西学院大学 9 8 126.82
9. 多田野  康  太   名古屋大学 8 9 121.89
10. 玉  田  裕  也   京都アクアリーナSC 10 11 112.06
11. 江  口  涼  一   中京大学 11 13 105.77
12. 杉  中  建  人   大阪スケート倶楽部 12 10 104.33
13. 則  松      亮   福岡大学 13 12 102.47

町田 全日本切符を獲得「これからはシビアな戦い」
[スポーツニッポン 2013/11/4 06:00]

 フィギュアスケート男子のGPシリーズ第1戦スケートアメリカで優勝し、ソチ五輪代表有力候補となった町田樹(23=関大)は西日本選手権(京都アクアアリーナ)の2日目フリーで147・71点を出し、総合241・37点で優勝。五輪代表最終選考会である12月の全日本選手権への出場権を獲得した。 
 
冒頭の4回転で着氷後に体勢を崩すなど、ジャンプで3度も転倒。「失敗は多かったけどスケートを楽しむという原点に返れた。これからは生きるか、死ぬかのシビアな戦い。失敗は許されない」と気合を入れ直した。 

町田樹 合計241・37点で全日本へ 西日本選手権 
[スポーツニッポン 2013/11/3 20:47]

  フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカで優勝し、ソチ冬季五輪代表の有力候補に台頭した男子の町田樹(関大)が3日、京都アクアリーナで行われた西日本選手権を合計241・37点の高得点で制し、代表最終選考会となる12月下旬の全日本選手権進出を決めた。

 23歳の町田は2カ月間で最大5試合に出場する可能性がある過密日程を考慮し、今大会に向けては練習量を減らし「気楽にやる試合と位置付けた」と言う。4回転―3回転の2連続ジャンプを決めた前日のショートプログラムから一転し、フリーでは挑戦を1度にとどめた4回転などジャンプで3度転倒と苦しんだ。「気にしていない。失敗があって、また頑張ろうという気持ちになった」と前向きだった。

 次の大会となるGP最終戦のロシア杯(22、23日・モスクワ)に向け「メダルを手に入れて(GP上位6人の)ファイナル(12月・福岡)に行きたい」と意欲満々。試合後にファンに囲まれるなど注目度は高まるが「たくさん報道もされてうれしいが、勘違いするなと自分に言い聞かせてやりたい」と謙虚に話した。

フィギュア 町田が全日本選手権へ
[NHKNews 2013/11/3  21:15]

フィギュアスケートのグランプリシリーズ、アメリカ大会で優勝した男子シングルの町田樹選手が、京都市で開かれた西日本選手権に出場し、ソチオリンピック代表の最終選考会となる全日本選手権への出場を決めました。

大学4年生で23歳の町田選手は、先月、グランプリシリーズのアメリカ大会で優勝し、ソチオリンピックに向けた代表争いで一気に注目される存在となりました。
京都市で開かれた西日本選手権で町田選手は2日、前半のショートプログラムで国際スケート連盟の非公認記録ながら93.66の自己ベストをマークし、3日のフリーに臨みました。
3日は冒頭の4回転ジャンプで転倒し、その後は連続ジャンプを回避するなど、精細を欠きましたが、「火の鳥」の曲に乗った躍動感あふれる演技が評価され、合計得点241.37で優勝しました。
この結果、町田選手はソチオリンピック代表の最終選考会となる来月の全日本選手権への出場を決めました。
町田選手は「アメリカ大会のあとは、あまり練習ができていなかったので、こんなものかなと思います。失敗がたくさんあったので、次また頑張ろうという気持ちになりました」と話していました。
町田選手は、今月22日に始まるグランプリシリーズのロシア大会に出場することになっています。

※スケートアメリカ帰国時の記事
町田 ロシア杯へ“新兵器”導入「現状維持は退化」
[スポニチアネックス 2013/10/23 07:01]

 フィギュアスケート男子でGPシリーズ開幕戦のスケートアメリカを制した町田樹(たつき、23=関大)が22日、関西空港着の航空機で帰国した。約1カ月後の第6戦ロシア杯(モスクワ)へ向けて“新兵器”4回転ルッツの導入を検討中。「現状維持は退化」と肝に銘じ、遅れてきた新星がソチ五輪への道を突き進む。

 到着ロビーで報道陣に囲まれた町田に凱旋ムードはなかった。激化する代表争いを見据え、神妙な面持ちで切り出した。

 「たった1回の成功で何のアドバンテージにもならない。ソチ五輪には(日本男子で)まだ一番遠い存在と思っています。現状維持は退化。ロシア杯には進化して臨みたい。ジャンプで難しい技を開発できれば」

 進化プランの大きな柱は新技4回転ルッツの導入だ。現在跳んでいる4回転ジャンプは、6種類のうち基準点が最も低いトーループのみ。アクセルに次いで2番目に基準点が高いルッツを習得できれば、得点力アップにつながる。「ケガのリスクも考え、パワーも補いながらやっていきたい」。来月22日開幕のロシア杯で表彰台に上がれば2季連続でファイナル進出が決定。そこで日本人最上位メダリストとなれば代表入りにグンと近づく。来週の西日本選手権(京都アクアアリーナ)への出場を予定しているものの、練習に多くの時間を充てられる1カ月間を有効活用する構えだ。

 練習拠点は大阪だが、小学4年から広島市で過ごし、現在も帰省先となっている。シーズン前には“芸能の神様”として知られる厳島神社(広島県廿日市市)への参拝を欠かさない。プロ野球でCSに進出した広島の活躍に触発されており、「広島の盛り上がりに加われてよかった」。今度は自らの活躍で愛着のある土地をさらに盛り上げる。

 ▽ジャンプの種類 6種類あり、踏み切りで前を向いているのが「アクセル」、それ以外は全て後ろ向き。トーを使うかどうかで分かれ、トーを使わず体を沈めてから右足で踏み切るのが「ループ」、左足内側のエッジで滑りながら足をハの字にして跳ぶのが「サルコー」。左足のトーを使い、右足外側のエッジに乗って踏み切るのが「トーループ」。左足の外側エッジに乗れば「ルッツ」、内側エッジなら「フリップ」になる。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/20

町田樹 自己ベストで優勝「勝ちを狙いにいった」 GPSスケートアメリカ2013-2014 SP エデンの東

Tatsuki_machida_2013_skate_america_
町田樹 Tatsuki Machida

2013-2014 ショートプログラム 『エデンの東 -East of Eden-

Amazon.co.jp
作曲 : Lee Holdridge
振付 : Phillip Mills

2013/2014 ISU Grand Prix of Figure Skating Hilton HHonors Skate America

公式結果 > ISU GP Hilton HHonors Skate America 2013
男子シングル ジャッジスコア

町田、自己ベスト更新で開幕戦V! 高橋は4位、小塚は6位=フィギュア
[スポーツナビ 2013/10/20日 9:30]

  フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ開幕戦、スケートアメリカ・男子シングルのフリースケーティング(FS)が20日(日本時間)、ミシガン州デトロイトで行われ、町田樹(関西大)が合計265.38点で開幕戦を制した。前日に行われたショートプログラム(SP)で自己ベストを8点近く大幅に更新した町田は、この日も冒頭の4回転ジャンプなどすべてのジャンプを決め、FSの自己ベストを更新する174.20点で、合計得点も自己ベストを出し、優勝を勝ち取った。

  高橋大輔(関西大学大学院)はこの日もジャンプで精彩を欠き、合計236.21点と得点が伸びず4位、小塚崇彦(トヨタ自動車)は合計230.95点で6位に終わった。

  2位は地元・米国のアダム・リッポンが合計241.24点、3位は同じく米国のマックス・アーロンが合計238.36点で入った。


フィギュアGP第1戦 町田樹が優勝
[NHK News 2013/10/20 11:06]

 フィギュアスケートの国際大会、グランプリシリーズの第1戦、アメリカ大会は19日、男子シングル、後半のフリーが行われ、23歳の町田樹選手が優勝を果たしました。

 前半のショートプログラムで首位に立った町田選手は19日に行われたフリーで演技の冒頭に4回転ジャンプをきれいに決めました。
次の4回転ジャンプはバランスを崩し予定していた連続ジャンプにはなりませんでしたが、その後は確実にまとめて大きなミスなく滑りきりました。
また表現力なども高く評価され、ショートプログラムに続きフリーもトップとなり、2日間の合計で265.38と自己ベストを30点近く更新して優勝しました。
町田選手は昨シーズンの中国大会に続いて、2回目のグランプリシリーズ優勝です。
5位からの逆転を狙った高橋大輔選手はジャンプのミスが続き、合計236.21で4位にとどまりました。
 前半4位の小塚崇彦選手は4回転ジャンプで失敗するなどして合計230.95で6位でした。

町田選手「勝ちを狙いにいった」

  優勝した町田樹選手は、「自分から勝ちを狙いにいって自分の力でつかむことができたので、本当にうれしい。4回転ジャンプの調子はよくなかったが、それでも飛ぶことができた。次の大会も頑張って、グランプリファイナルに出場したい」と話しました。


町田、自己ベストでGP2勝目=高橋4位、女子の浅田はSP首位―スケートアメリカ
[時事通信 2013/10/20 9:50]

【デトロイト時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第2日は19日、米ミシガン州デトロイトで行われ、男子はショートプログラム(SP)首位の町田樹(関大)がフリーでも174.20点で1位となり、合計265.38点で優勝した。昨季の中国杯以来、GP2勝目。フリー、合計とも自己ベストを大幅に更新し、2位のアダム・リッポン(米国)に約24点差をつける圧勝だった。

  SP5位の高橋大輔(関大大学院)はフリー4位となり、合計236.21点で4位。SP4位の小塚崇彦(トヨタ自動車)は6位に終わった。
  女子SPは浅田真央(中京大)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めて73.18点をマークし首位に立った。

  アイスダンスのキャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)はフリー5位で、総合5位だった。















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/09

町田樹 グランプリファイナル2012 総合6位

Tatsuki_machida_gps_fi12 ISUグランプリシリーズファイナル2012(ロシア・ソチ)

>>YouTube 町田樹ショート [Tatsuki MACHIDA SP]

>>YouTube町田樹フリー [Tatsuki MACHIDA FS]

高橋大輔が初優勝!羽生とワンツー!小塚5位、町田は6位
「フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、ソチ)

  日本男子がワンツー・フィニッシュを決めた。男子フリーは、SP首位の高橋大輔(関大大学院)が177・11点をマークし、合計269・40点で日本勢初優勝。SP3位の羽生結弦(宮城・東北高)も自己最高の177・12点を出し、合計264・29点で2位に続いた。高橋は最初の4回転で転倒したものの、続く4回転‐3回転、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。7度目の出場で頂点に立った。世界王者のパトリック・チャン(カナダ)は258・66点で3位。小塚崇彦(トヨタ自動車)は5位、町田樹(関大)は6位だった。
[デイリースポーツ 12月9日(日)1:09]

フィギュアスケート:GPファイナル 小塚崇彦、町田樹の話

◇失敗もったいない−−小塚崇彦
4回転ジャンプが入ったのに、トリプルアクセル(の失敗)がもったいない。自分の中で入り方が2種類あって、それがごちゃごちゃになってしまった。


◇まだ終わりでない−−町田樹
体が硬かった。ベストに近いコンディションをつくってきたが、こちらに入ってから思うような練習ができなかった。だが、まだ終わりではない。

[毎日新聞 2012年12月08日 東京夕刊]










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/08

町田樹 グランプリファイナル2012 SP6位

Tatsuki_machida_gpfi12s

町田は最下位スタート/フィギュア<フィギュアスケート:グランプリ(GP)ファイナル>◇初日◇7日◇ロシア・ソチ

町田樹(関大)は70・58点で最下位の6位。
 
 今季急成長して11月の中国杯でGP初優勝を果たし、男子でファイナル進出一番乗りとなった町田だったが、大舞台ではほろ苦いスタートとなった。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、最下位に沈んだ。

  巻き返しを期すフリーの曲は「火の鳥」。「ロシアのストラビンスキー作曲なのでロシアの地に届くように演技したい」と気持ちを切り替えた。

[nikkansports.com 2012年12月8日8:30]









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/07

グランプリシリーズファイナル2012

Gps_fi_12
ISUグランプリシリーズファイナル2012/13 (ロシア・ソチ) 

開催日程: 12月7日(金)~9日(日)


【男子シングルエントリー】

羽生 結弦 (JPN)

小塚 崇彦 (JPN) 

町田 樹 (JPN)   

髙橋 大輔 (JPN)

パトリック・チャン (CAN)

ハビエル・フェルナンデス (ESP)

Entries/Results(Men)


【女子シングルエントリー】

アシュリー・ワグナー (USA)   

浅田 真央 (JPN) 

キーラ・コルピ (FIN)   

鈴木 明子 (JPN) 

エリザベータ・トゥクタミシェワ (RUS) 

クリスティーナ・ガオ (USA)

Entries/Results(Ladies)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/03

グランプリシリーズ2012 第3戦 中国杯 町田樹 SP2位

Tatsuki_machida_gpsch

ISUグランプリシリーズ2012-2013 第3戦 中国杯(上海)

>>YouYube [Tatsuki MACHIDA, SP]

町田2位発進「楽しめた」

GPシリーズ連続表彰台を狙う町田樹(22=関大)が、首位の高橋に1・39点差の83・48点の自己ベストで、2位スタートを決めた。朝から調子が上がらずに不安はあったというが、「それも含めて楽しめた」と、最終的には余裕を持って演技を披露できた。ノーミスに加え、ジャッジの点数も伸びた。10月スケートアメリカで3位。12月のファイナル(12月5日開幕、ロシア・ソチ)出場も見えてきた新鋭は「明日も自分の『ファイアバード』を届けたい」と「火の鳥」の曲で踊るフリーを見据えた。
<nikkansports.com 2012/11/2>

成長も実感 町田SP自己ベスト更新

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯のショートプログラム(SP)は2日、スケートアメリカで初のGP表彰台に上った町田樹が、この日も好調。ほぼミスのない演技で、自己ベストを約1点更新した。ジャンプの感覚にズレがあり、「あの点を出せるとは。スケートアメリカでアピールできたことが、今日の評価につながったのかもしれない」と自己分析した。前回は取りこぼしが多かったスピンとステップが、この日はスピンの一つがレベル3だったのをのぞき、すべて最高のレベル4と、成長も実感した。
<毎日新聞 2012/11/2>











| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2012/2013 ISUグランプリシリーズ | 2012/2013 ジャパンオープン | 2012/2013 世界選手権 | 2012/2013 四大陸選手権 | 2012/2013 第81回全日本選手権 | 2013/2014 ISUグランプリシリーズ | 2013/2014 ジャパンオープン | 2013/2014 ソチオリンピック | 2014/2015 ISUグランプリシリーズ | 2014/2015 第83回全日本選手権 | 2015/2016 第84回全日本選手権 | 2016/17 第85回全日本選手権 | NEWS : フィギュアスケート | アデリナ・ソトニコワ Adelina STONIKOVA | アリョーナ・レオノワ Alena LEONOVA | アレクサンドル・スミルノフ&川口悠子 Yuko KAWAGUCHI&Alexander SMIRNOV | エフゲニー・プルシェンコ Evgeni PLUSHENKO | エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ Elizaveta TUKTAMYSHEVA | エレーナ・イリイヌィフ&ニキータ・カツァラポフ Elena ILINYKH&Nikita KATSALAPOV | エレーナ・ラジオノワ Elena RADIONOVA | カロリーナ・コストナー Carolina KOSTNER | キャシー・リード&クリス・リード | グレイシー・ゴールド Gracie GOLD | ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ Kaitlyn WEAVER&Andrew POJE | ケヴィン・レイノルズ Kevin REYNOLDS | サーシャ・コーエン Sasha COHEN | ジェフリー・バトル Jeffrey BUTTLE | ジェレミー・アボット Jeremy ABBOTT | ジョアニー・ロシェット Joannie ROCHETTE | ハビエル・フェルナンデス Javier FERNANDEZ | パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ Piper GILLES&Paul Poirier | フローラン・アモディオ Florent AMODIO | ブライアン・ジュベール Brian JOUBERT | マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ Maia&Alex SHIBUTANI | マキシム・コフトゥン Maxim KOVTUN | ミライ・ナガス 長洲未来 Mirai NAGASU | ユリア・リプニツカヤ Julia LIPNITSKAIA | 今井遥 | 加藤利緒菜 | 宇野昌磨 | 宮原知子 | 小塚崇彦 | 本郷理華 | 村上佳菜子 | 村上大介 | 浅田真央 | 無良崇人 | 町田樹 | 織田信成 | 羽生結弦 | 鈴木明子 | 高橋大輔 | 高橋成美